スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
事故った。
随分間が空きました。
とりあえず覚えていることだけ(^^;

23日 滑走二日目・事故った
二日目は霧が凄かったです。
前日は日が強くて雪が重かったんだけど、この日は反動でアイスバーンが量産されていました。
そして早速H氏も連れて、スキー組+ボードの先輩×1で山の上の方に。
ガスの中、皆で林道を滑っていたのですが…。
H氏ったら、いつの間に上手くなったの?
林道は狭いからターンせざるを得ないそうで、だから逆に滑りやすいそうな。
気がついたら私はH氏の事を「邪魔」とか思っておりました(^^;
だって目の前ちょろちょろするんだもん(>_<)
一方私は林道でコケまくり。
黒尽くめには「昨日あんなスイスイ滑ってたヤツがコケまくってる」と言われる始末。
しょうがないよ、昨日の午前中で凄く疲れたんだもん

そんなこんなで、「難しいところは終わった。さあ、もうすぐ麓だ!降りたらお昼ご飯だよ?♪」という頃。
先輩方を除く1年スキーヤー4人が一旦皆で集まって、「じゃあ行こうか」と再び動き出した時。
後ろからボーダーにぶつかられました。
私は「とろ?っ」と滑っていたのですが、相手はかなりスピードが出ていて…。
多分私の手前で曲がりきれると思ったんでしょうね。
複数人の証言(ただし私サイド)から、私に非はないとの事。

…は置いといて。
痛くてしばらく起き上がれず(含ハッタリ(笑)でも本当に痛かった)皆さんに大変心配をおかけしたのでした。
向こうに怪我は無かった様です。
私は左膝が
その後通りかかったスキーヤーさんに助けてもらい、とりあえず下まで降りられそうだということを確認。
ボーダーさんからは「これで冷却スプレーを買ってください」と千円札を二枚頂き、とりあえず降りることに。
自分の事だけで手一杯なH氏はスキー板を脱いで歩いて降りて、先にエアーサロンパスを探すということに。
そして私はU君と黒尽くめの二人についてもらい、エスコートされるお姫様のように下山。
最終的には痛い筈の左足に体重を掛けてターンしていたり、付き添っている筈のU君と黒尽くめが一回ずつコケたりしていました(笑)
麓でH氏と合流…のハズが見当たらず。
電話をしたら、冷却スプレーを持ったH氏は重くて歩きにくいスキーブーツで走ってきてくれましたv
あの時はかなり嬉しかった
その直後、氷点下の中で冷却スプレーを肌に直接掛けられたりもしたけれど(笑)

その後お昼を食べて、私とH氏は先にホテルに帰ることになりました。
「コンビニがあったら寄って、湿布を買う」ハズが、痛い筈の足で延々1km以上ぐるぐる歩いていたりもしましたが(ぇ
いえ、本当に痛かったんです。それは間違いなく!

コンビニに寄っていたら、結局皆と同じような時間にホテルへ到着。
ボーダーにぶつかられたという事は知れ渡っていたらしく、皆に「大丈夫?」と聞かれ、ボーダーの先輩には「ごめんね」と謝られてしまいました。
先輩のせいじゃないですからっ(>_<)

・宴会。そしてその後
そして宴会。
とある人の持ってきた20年もののとある物(笑)が凄く美味しくて、でも凄く強くて、あっという間に潰れてしまいました(^^;
凄く早い呼吸でH氏の腕の中に倒れこんだ所までは記憶があるんだけど。
その後寝ていたようです。
気がついたら午前4時。
頭がくらくら・ふらふらして、物凄く気持ち悪くて。
H氏はずっと傍にいて、先輩や友達と話をしていたようです。
後から知ったのですが、その時、皆に惚気話を聞かせていたとか
そして自分の体で隠しつつ、寝ている私にキスをしていたとか(///)
それを見るに見かねた先輩に「隣行け」と言われて、H氏は私の布団の隣に。
この時に、「前の彼氏は『好きにして』って言ったら『そんな事言うな』って怒られたけど、H氏はどうするの?」と言った記憶があります。
何言ってんだ、自分
そうしたらH氏は私の隣に来て、そのまま二人揃って2時間くらい就寝。

翌朝はデロデロだったから、私だけ朝ごはんキャンセル。
その間寝ていたらだいぶ良くなったけど。
こんな風になるのは初めて。もう二度とゴメンです。

それからバスの時間まではゆっくりして…。
帰りのバスでは再びH氏の隣を確保。
また二人で音楽聴きつつ帰ってきました。

思えばH氏と行く(ほぼ)初めての合宿。
記憶がないとは言え、H氏の隣で眠れて嬉しかったですv
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2006/03/15 21:37] | Diary | コメント(0) | トラックバック(0)
<<二輪車挑戦中。 | ホーム | 帰還>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。