スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
サスセッティングをするために
先ほど、第一志望の企業より連絡がありました。
不採用だそうです。

そりゃそうだわな?。
製品も福利厚生も魅力的な企業だもん。
私が入れるなら、みんな入れてるわ(笑)

まぁ、だからといって嫌いになるわけでもないし。
今後も期待していますよ?。



今日は久しぶりにゆっくり出来る日。
そろそろサスペンションのセッティングを始めたかったので、手始めに色々調べてみました。


サスのセッティングは、まずプリロード調整から。

プリロードとは、荷重をかけない状態で、どの位バネを縮ませておくかという設定。
バネを伸びきった状態から縮めてみると、最初はバネからの反発が少ないように感じますよね。
この反発がない部分をキャンセルするために、始めからある程度スプリングを縮ませておくのです。


例えば、ノーマルのセッティングに体重の軽い人が乗ると、スプリングの縮み方は想定より少なくなります。
すると、反発するところまでバネが縮むまで、トラクションが掛からなくなります。

逆に体重が重い人が乗ると、バネの縮み方は増えますが、底付きしやすくなったり、乗り味がごつごつしたりします(多分w)


さらに、シートとスイングアームの角度調整の役割も担っています。
スイングアームの角度には、前へ進むのに最適な角度という物があるらしいのです。
人が乗ることでサスペンションが押され、スイングアームが路面に押さえつけられます。

この時、バネを縮み方が大きければ反発力が強くなって、スイングアームの垂れ角は大きくなります。
逆に縮み方が少なければ、反発が少なくなって、垂れ角は少なくなります。
・・・多分。


このスイングアームの角度には、車高調整機能(サスペンションの全長設定)も関わってきます。


本を読んだ感じでは、こう理解したんだけど・・・。
言葉にするのは難しいし、理解できてるかも怪しいなぁ。


とりかえずこんな感じで、まずプリロードの調節をしようとしてみました。
私は体重が軽いので、プリロードを弱めて初期動作を良くしようという目論見。

まず、メンテナンススタンドで後輪をリフトアップ。
人が乗らない状態で、シートカウルとアクスルシャフトの距離を測ります(1G)
次に私が乗って、同じ所を計測(1G')

オーリンズの説明書によると、1G-1G'が30mm?40mmになるように設定する必要があります。
・・・が、私が乗ってみると15mmしか下がりませんでした。
沈み込みが足りません。
だから、前下がりなフォームとか、後輪のトラクション不足とかあるのだと思いますが。

じゃあプリロードを弱くして、もっと沈むようにすればいいのですけど・・・。
既に最弱になってました(笑)
恐らく、サスを取り付けたときに、店長さんが最弱に設定しておいてくださったんじゃないかと思います。

一応、車高調整機能も付いていますが、これ以上は下げられない状態。
スプリングについては、これ以上はお手上げです。

やるなら、スプリングレートの変更。。。
でも、スプリングレート変えるなら、来年オクムラさんにリアショックのMEチューニングをお願いするときだから。
まだまだ先。
今、他に出来るのは、フロントフォークの突き出し量変更で、前後バランスを整えるくらい。
サスのセッティングはMEチューニングの後かなぁ。
楽しみだけど、つまらないなぁ。


こんな感じで、結局セッティングはできませんでした。
残念。
サスペンションにお勉強にはなったけど・・・つまらないw
早くお金貯めて、またオクムラさんにお願いしようかなぁ・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2008/04/14 22:34] | CBR150R | バイク | コメント(0)
<<プラグ交換 | ホーム | 復活予告?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。