スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
わかった??
昨日になりますが、久しぶりにGakuさんとプチ喧嘩をしました。
喧嘩というか、Gakuさんが考え込んで落ち込んだというか…。
私の機嫌が良かったので、すぐに元気になりましたが。


Gakuさんと話をしていて、「やっと分かってくれたかな?」と思いました。
私が落ち込んでいるときにGakuさんが突っついたりしてくるのを、私が嫌がる理由。

落ち込んだGakuさんに対して、「何考えているか話してよ」と頬っぺたをぷにぷにつまんでいたんです。
私がやったのは嫌じゃなかったみたいなんだけど、
でも「される側からは、確かに嫌かも」と。

喋る気力も無いから黙っているのに、そこを突っつかれたら嫌な気分になるでしょ?


同時に、私にも突っつく気持ちが分かったけど。
Gakuさんが本気で落ち込んでいたわけじゃないだろうな、と感じたので、ぷにぷにしたのですが…。
あんまりやらない方が良いだろうなぁ。



それから、愚痴について。

「女の人は感情を共有できれば良いのに、男の人は解決策しか言わないから、女の人が怒る」見たいな事をよく言われますが。
私たちにも当てはまるな、と。

私は「そうなんだ」とか、「そうなの?」とか言って欲しいのに、Gakuさんは自分の経験を話しだします。
そして私の話から、Gakuさんの話へ移っていく。
私が話をしていたはずなのに、いつの間にかGakuさんが喋る量の方が多くなる。

私の話だけではGakuさんが共感できないから、確認しているんだと言っていたけど。
じゃあ、確認しなくても共感してしまう私は何だろう?と思ったり(笑)


これに関しては、私はどうでも良いと思っているのですよ。
だって私は一晩寝れば愚痴なんてなくなるから。
話で気が紛れれば、それで十分。

自分で喋ると疲れるから、Gakuさんに喋らせておいたほうが楽だし(笑)


Gakuさんは「私がちゃんと話を聞かないから、喋っても無駄だと思ってるんじゃないか」と自分を責めていました(だから落ち込んだらしい)

それもあるかもしれないけど。
でも、もし「聞いてもらえないから言わない」というのが理由なら、責任の大部分はGakuさんじゃなくて母にあるんじゃないかな、と。

母は、私がぐうの音も出ないほど正論で武装して、言いくるめてきますから。
反論する気が失せるほどに、正論なのです。

いくら言っても聞いてもらえないから、だから言う気が無くなった。
言われる前に自分で悪いところを見つけてしまって、
自分が原因だから何も言えなくなってしまう。


どうでも良いことだと思うんですけどね。


Gakuさんが、ちょっとずつ私の事を考えてくれるようになったので、私も書いてみようかという気になりました。
こういうことがちょっとづつ重なっていけば、私も変わっていくんでしょうかねぇ…。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2007/11/29 20:43] | Loves | 本音 | コメント(2)
<<忘年会 | ホーム | セミナー始め>>
コメント
No title
男と女の2つに分類するのもあれなんですが
男は話を聞いたら自分はああだこうだったと
自分の体験を話す傾向があるようで
女性はその逆で話を共有する人が多いとか。。
そうなんだ~とかその話の感想とか。
根本的に男と女は違うのかもしれませんが
それも分かった上で思いやる気持ちを大切にしていればいいと思いますよ^^
変ろうとすれば飛鷹さんも変れるはずです^^
若いうちの恋愛は楽しんで色々と勉強してくださいね~
なんかエラソウですが^^;
[2007/12/04 17:34]| URL | めろん #- [ 編集 ]
>>めろんさん
まったくもって、その通りです(笑)
男性は自分の経験を基に、女性は感情を基に、会話を進めていくみたいですね。
女性は相手が共感してくれないと気が済まないようですが、男性は話すこと自体で満足するような気もします。
テレビとかで聞いてはいたのですが、まさか自分たちにも当てはまるとは思いませんでした(^^;

思いやる気持ち…忙しくなると、つい忘れてしまいます。
男女には違うところがあるわけですから、私もGakuさんも、お互いに変わっていく努力が必要なんでしょうね。

喧嘩もするかもしれないけど、それも勉強ですね。
相手を理解できるよう、思いやりを忘れないよう、頑張ります(^^
[2007/12/05 22:01]| URL | 飛鷹 #cjK6pxbs [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。