スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
Grand Prix of Japan 1994
あんまりバイクに乗れないのも辛いので、
今日はGakuさんのGSX-Rに乗せてもらって大学まで行きました。

前にタンデムしたのは半年以上前。

久しぶりに乗せてもらったけど・・・
やっぱりSSはタンデムするもんじゃないわ(笑)

Gakuさんの加速が急になっているのも合わさって、しがみついているのも結構大変でした。
一度本気で置いてけぼりくいそうになったし。

何より、Gakuさんの背中か後ろ頭しか見えなくて、退屈なのです(笑)

停止する度に話をしたり、背中ぎゅうぎゅう押して伸ばしてあげたりするのは楽しいけど・・・。
Gakuさんも疲れるだろうし、頻繁にやるもんじゃないですね。

それでも、また乗せてもらおっと♪



家に帰ってからは、Gakuさんと今のテレビでノリックのDVDを見ていました。

Grand Prix of Japan 1994 SUZUKA CIRCUIT


かの有名な、ノリックのGPデビュー戦ですね。

ネットの動画で何回も見たから、もう新鮮ではないけど・・・。
それでも「おおっ!」「行け行け!」って思う。
ノリックの転倒シーンも、何回も見たからもう怖くない(笑)

Gakuさんと二人でワーワー言いながら見ていたら、傍にいた母がぽつりと言いました。

「惜しいねぇ、こんな子が・・・」

また少し、ノリックが報われた気がしました。


母には、レースの展開とか、マシンコントロールとかは分からないでしょうけど。
でもこの時のノリックは、そんな人にも「凄い」と思わせる気迫を持っていたんですよね。

メディアが倦厭する・・・。
あまり良いイメージを持ってもらえない、二輪の世界。

そんな中でも、こうやって「凄い」と思ってもらえたら、それは凄く嬉しいことだと感じています。

そして、母にもノリックを惜しんでもらえたことが、私は嬉しい。


ノリックが居ないこと、まだ信じられない。
この走りがもう見られないんだと思うと、本当に悲しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2007/11/20 22:31] | Motorcycle | モータースポーツ | コメント(2)
<<クランクケースを開けました | ホーム | 原付生活>>
コメント
鈴鹿かぁ
死んでしまったものは、もうかえって来ない。
悔しいけど、当たり前の現実、しょうがない。

加藤君の事故以来、MotoGPは鈴鹿を離れてしまい、私はそれっきり鈴鹿とはご無沙汰です。鈴鹿は茂木よりも見ていて楽しいサーキットなんだけどなぁ。GPが鈴鹿に帰って行ったら、また見に行きたいものです。
なんて、昨日、名古屋駅前までの出張で、久しぶりの名古屋駅で思ったのでした。
[2007/11/23 14:50]| URL | ますこ #- [ 編集 ]
>>ますこさん
出張、お疲れ様でした(^-^)

確かに、もうかえって来ないです。
でも忘れたくはないし・・・。

バイクの世界に全くと言って良いほど疎い母と「ノリックは凄い」という思いを共有できたこと。
それが嬉しかったです。


現状の鈴鹿サーキットに不安を抱いているライダーがいるというのは知っていましたが・・・。
日本屈指のサーキットであるだけに、MotoGPが離れてしまったことを残念に思っています。

DVDで何カ所かサーキットを見ましたが、やっぱり鈴鹿が一番面白いです。
ゲームで走っていても、難しいけど嫌いになれないコースでした(笑)
MotoGPマシンが走る鈴鹿を見てみたい物です。
[2007/11/25 01:42]| URL | 飛鷹 #cjK6pxbs [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。