スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
締め付けトルク
昨日のパット面取りに絡んだお話。

パットのボルトに限らず、ボルトには締め付けトルクがあります。
この締め付けトルクに関して、店長さんに教えて貰ったお話です。

ボルトって言うのは、金属の粘性が発揮されているから、キチッと止まるんよ。

理屈はバネと似たような物。
締め付けが緩くて粘りがない状態だと脱落するし、
締め付けすぎて粘りが無くなった状態になると、ねじ切ってしまう。

だから、金属の粘りを手応えとして感じられるようになると、トルクが感覚で分かるようになる。


うろ覚えだけど、こんなような事を言われました。
お店のピットをお借りして、自分でオイル交換をしてみたときだったかな。

これが分かるようになれば、手ルクレンチができるようになるそうです(笑)


これを意識して、昨日はブレーキパットのパットピンその他諸々のボルトを締めてみました。

そしたら、なんとなぁく手応えが変わる気がする。
手応えを感じるくらいで締め付け終了。
店長さんにチェックしてもらったら、一発合格でした。


ボルトって、ただ締め付ければ良い物でもないんですね。
手応えが変わるなんて、今まで意識していませんでした。

メンテナンス本なんかだと、工具の使い方に関してはあまり書いていなかったりするけど、
ちゃんと調べてみると、思いがけぬ収穫があったりしそうです(^^

次はドライバーの使い方かな。
プラスのネジ山を舐めちゃうことが多いので、気をつけないと。
7:3を意識しているつもりだけど、まだまだみたいです。

次はドライバ。
がんばろー!
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2007/10/28 23:43] | Motorcycle | メンテナンス&ケア | コメント(0)
<<速い車 | ホーム | ブレーキパッド 面取り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。