スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
道で出会った色々
今日も資格講座。
LEDを付けるには時間がないからと、バイクで大学まで行って、大学でLED取り付けました。

ポジションはバッチリ点灯v
ヘッドライトの色味と同じような色で、良いです(^-^)
多少ヘッドライトの方が青いかな?
でも気になりません。
ポジション球
結構明るくて、綺麗です。
ヘッドライトと同じく、電圧の波に合わせて点滅しますが。。。


メーターの方は、とりあえずタコメーターと水温計のバルブをLEDにしてみました。
元の電球よりちょっと暗いです。

燃料計左がスピード、右がタコ水温計
メーターの並び順に並べてみました。
STDの電球の方が明るくて綺麗です。

スピードメーターと燃料系の二つのメーターに対して、バルブ2個。
タコメーターと水温計の二つのメーターに対して、バルブ2個。
バルブ2個でメーター二つを照らさなくちゃ行けないので、暗くなるのも仕方ないんですが・・・。
ちょっと暗いかなぁ・・・。視認は出来るけど。
水温計は白くて綺麗で良いんだけどな。

LEDの品質による物かもしれないので、今度ライセンス灯に使っているLEDと入れ替えてみようかと思います。

* 「あ、母校のスクールバスじゃん」 *
大学でLEDを取り付けて、お試し走行の帰り道で右折待ち中。
私が通っていた教習所のスクールバスが私の後ろに付きました。
「あ、懐かしいな?」と思いながら、対向車が切れるのを待つ。
対向車が切れたので右折していくと、何故か右の真横にスクールバスが。。。

えーと、よくあるショートカット右折ですね(^^

じゃなくてっ!
事もあろうに教習所の車が、目の前にいるバイク(私)を無視して、弾き出そうとしました。
思わずクラクション鳴らしたし・・・。
そのまま私が気付かなかったら、車の側面にぶつかったはずだけど、当てるつもりだったのか?

バイクだと、右折ショートカットによる弾き出しは時々やられますが・・・よりによって、母校の教習所の車が!

元々良い噂を聞かない教習所だったけど・・・。
自ら評判を落とすようなことして、どうすんのさ。
どうせスクールバスは外部委託だろうけどさ。
私の愛校心は粉々に打ち砕かれましたとも!

前にGakuさんがこの教習所の教習車がした交通ルール違反に対して怒っていた時は、多少弁護してあげたのに。
二度とするもんか。

教習所に苦情の電話をしたら、折り返し上の者がかけ直すとのこと。
その後、出掛けている間に一度着信がありましたが、運転中で出られず。
次掛かってきたら、愛校心を打ち砕かれた悲しみを、とくとくと語るつもりです(笑)

* 今日のわんこ *
家でしばらく休憩した後、病院巡りをするために、再びバイクで出掛けました。
しばらく行ったところのT字路で、前の車が左折したため、減速。。。

ん?車のボディー越しに何か見えた?

わんこだ!(@_@)

野良らしき、わんこさんが一人、T字路の真ん中にいらっしゃいました(^^;
道の真ん中を、車を怖がる様子もなくトコトコと歩行中。

どうするかな??とりあえず私は通れるんだけど。

一瞬迷った後、クラッチを半分切って、そろそろと、わんこと中央線の間に割り込みました。
わんこの頭が道の端に向くよう、ゆっくりと併走しながらブンブンとエンジンを煽る。

エンジン音を怖がる様子が全くなく、「邪魔しないでよ?」と言う目で私を見たりしましたが、
わんこを道ばたに寄せることに何とか成功しました。
ガードレールがあって外に出られなかったから、まだ道路上ではあったけれど。
まぁ私のお仕事はあれくらいで良いでしょう。
後ろの車はまだ困っていたみたいだけど(^^;

そのわんこ。
病気なのか、異常に荒れた目元と、車を怖がる様子が全くないことに、悲しみを感じました。

エンジン音を怖がらないって事は、耳が聞こえないか、慣れてしまっているってこと。
生き物の本能として、大きな音からは逃げる本能があるのに、それが欠片も感じられませんでした。
どちらにしても、可哀想。

わんこと、ふと目が合ったとき、
その目の光が強かったことと、平気そうな顔で歩いていたことが、救いです。

* ヘルメットはちゃんと被ろうネ *
病院巡りが終わって、家へ向かうとき。
また面白いものと出会いました。

二人乗りのバイク。
前が男の子、後ろは半ヘルの女の子。
女の子はギャルだった。

そんなタンデムのバイクの真後ろを走っていたのですが。

バイクがグイッと加速した瞬間、女の子の首が一瞬のけぞる。
その瞬間、

半ヘルが女の子の頭からスポッと外れ、カランと道に落ちました。

爆笑を通り過ぎて、唖然。
1秒経っても気付かない女の子に、ほろ苦い思いが胸に広がったのでありました。

ヘルメットが脱げてから2秒くらい後に女の子が慌て始め、500mくらい進んだ所でバイクが停車。
しかし、私の後ろ、つまりタンデムバイクの後ろの後ろは大きなトラック。
しかもその後ろにも車が良そうな気配。
あははは・・・(^^;

考える間もなく、顎紐をかけてなかったんでしょうけど。
「それでも、ヘルメットがない危険性には気付いたか」って感じです。

とび職の人が被るような半ヘルだったけど・・・。
そのヘルメット、どうなったんでしょうネ?

皆さん、ヘルメットの顎紐はちゃんと締めましょうね?。
って、基本の基本ですけど。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2007/09/03 20:52] | Motorcycle | つぶやき | コメント(0)
<<我が家のわんこ | ホーム | Mini-Moto4耐 観戦記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。