スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
浴衣仕立て教室 四日目・五日目
ちょっとお休みした浴衣レポート。
実は既に仕上がっていたりします。
思ったより…というか、予定の半分の期間で作り終わってしまいました(笑)
振り返りながらのレポートです。

* 四日目 (8/13) *
この日から衿に入りました。

まず、衿に共衿を先につけました。
衿と共衿を中表に合わせて、両端を縫う。
その後、衿を表に返して、身頃の背中側と中表に合わせて、縫い合わせる。
芯を入れて、洗った時に芯や肩当がずれないように、肩当を軽く縫い留める。
衿の端を縫った後で折り返して、衿先を作る。
最後に、衿を半分に折って、本ぐけで綴じる。

…だいぶ時間が経ったから、忘れてきちゃった(^^;
けど、だいたいこんな感じの流れ。

衿の衣紋の辺りは布が6枚くらい重なっているので、凄い厚みになっちゃいました。
おかげで縫いにくかったです(>_<)

衿の仕上げまではできなかったので、次の日へ持ち越し。

* 五日目(8/14) *
前日にやりのこした衿をやって、宿題ができる状態にしました。
衿の仕上げの本ぐけは宿題です。
くけ縫いは家でもできるから、できるだけ宿題でやる方針。

衿が終わったら、最後に袖。
まずは袖底と袖口の下から袖底までを縫い合わせます。
作業自体は簡単だけど、左右で二枚あるから、作業量は倍。
ぐし縫いでガシガシ縫っていけばいいので、楽チンだけどv

二箇所を縫い終えたら、袖口の処理。
袖口をぐるっと三つ折にします。
ちょっと細くなるけど、がんばって折って、しつけをかける!

そこでこの日はおしまい。
前日Gakuさんと飲んだ後で、ほとんど水分を取らなかったのが災いして、一日グロッキーでした(爆)
なので早々に引き上げですw

残りは袖の丸みを作って、袖付けだけ。
かなり完成が近いです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2007/08/21 16:26] | 浴衣作り | 和風、和物、日本の伝統 | コメント(2)
<<浴衣仕立て教室 六日目*完成 | ホーム | 蜂で始まった1日>>
コメント
作品♪
 試行錯誤して出来上がった浴衣は、後生大事にするでしょうねぇ~。
 これだけ日数と手間を掛けた・・・まさに『作品』ですから♪
 もう少しっ!頑張って下さいね~p(・∩・)qガンバレ!
[2007/08/22 19:00]| URL | matenrou44 #GuUSXZHA [ 編集 ]
>>摩天楼さん
試行錯誤もしますし、色々とずれたり、縫い方が荒かったりもしています(^^;
もうある程度諦めて、「どうせ自分で着るんだしー」と開き直っていますが(笑)

飾っておくだけではなくて、「使いたいから作っている」ものですから。
作っている間も、作り終えてからも楽しいだろうと思います♪
[2007/08/24 01:50]| URL | 飛鷹 #cjK6pxbs [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。