スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
平和論
今日は男の子と縁がある日でした。
お昼を食べていたら、隣のテーブルにAさんが。
平和論の時間は、前の授業で話しかけてきたCさんが。
駅で電車を待っていたら、前にバス停で話しかけてきたBさんからのメールが。
それでもって、帰り道はきまぐれで呼び出した彼氏がいました。
……別にヴィダ○サスーンのCMではないので、あしからず!

今日は、平和論の授業をちょこちょこメモってきたので、覚書兼私の考えを。
一応授業の講義の内容だから、こんなところに流していいのかわからないんだけど……。
考え自体は私の考えだから良しとします。

まず、イラク戦争の時、日本がアメリカを支援したことについて。
私は支援に反対です。
何だよ日本、アメリカの腰巾着じゃん。とか。
憎しみの連鎖を助長してどうすんのさ。とか思うわけです。
駐日米軍に北朝鮮から守ってもらわないと。とか、日本と米国は友好的で、友人が困っているときは助けるのが当然だから。とか言うのもあるみたいですが。
「友人が憎悪に狂っている時は、引き止めるのが友人だろ!」と思うのです。
北朝鮮よりも、友好関係よりも、憎悪の連鎖を止めるのが一番大事だと私は考えています。

次に、自衛隊のイラク派遣。
私は反対です。
だって、イラクはまだ戦闘状態にあるから。
総理がそう言ってましたからね。
認めましたから、そんな危険なところには行かせられないです。
そして、支援方法にも疑問があります。
最近では報道が少なくて、まだ水道引きをやっているのかはわからないのですが……。
当初は、現地の方との認識がずれていたように思いました。
イラクの人々は、日本の企業が進出すると思っていたようですしね。
支援の方法を考え直さないといけない、とも思います。
あ、ついでに言っておくと、「政党が、内閣が行かせるって言うから賛成」は間違っている。
友人にもそういう子がいたのですよ。
彼女はしっかり者だったので、この話を聞いたときは驚きました。
「内閣が国民を動かすんじゃない。国民が内閣を動かすんだ!」

次、日本国憲法について。
私は好きですよ。日本国憲法。
序文がとっても好きなのです。
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」
とかとか。
良いじゃないですかぁ?♪
かっこいいですよ、言っていることが。
なので、私はこの憲法を支持します。
とりあえず平和に関するところは。

次、ジャーナリストの問題。
えーっと、「あなたはジャーナリストです。もしあなたの目の前で死にそうな兵士がいたら、あなたは助けますか?それとも写真を撮り続けますか?」
私は助けずに、撮り続ける方です。
だって、自分の命すら守れるかわからないのに、他人の命まで守れるわけないじゃないですかぁ(爆)

最後。
反戦運動に対する日本人の関わり方。
ベトナム戦争とイラク戦争で、変わったとしたら、何がどう、どうして変わったのか。
ベトナム戦争の時は、反戦運動が盛んだったが、今はご覧の通り。
変わった理由は、いくつか思いつきます。
・ベトナム戦争の時、結局戦争を終わらせることはできなかった。
・戦争というものの存在が遠くなった。
・自分の生活だけで手一杯になった。
・時間がない。
・人々の精神的な活力不足。
父なんかは、「学生運動やらんのか?」とか言うけど、実際はできる状態じゃないです。
社会も、私の精神も。
戦争が無くなるといいな、とは思うけど、実際には遠い話になっています。
皆そうなんじゃないかなぁ?

…とりあえずこんな所で。
長っ(^^;
ブログランキング・にほんブログ村へ
[2005/04/26 20:22] | Diary | コメント(0) | トラックバック(0)
<<もし私が死んだら | ホーム | びっくりしました。怖いです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。