スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
浴衣の仕立て教室 初日*柄合わせ
レポートもそれっぽい物を提出しまして、晴れて心おきなく夏休みとなりました♪

・・・と言うわけで。
早速始まりました、浴衣仕立て教室。
大学のお友達、Kちゃんのお母様が和裁の先生で、教えてくださることになりました。

最初はミシンで1週間の予定だったのですが、私がうっかり良い反物を買ってしまったので、1ヶ月かけて、ちくちく手縫いになりました(爆)
個人的にはミシンでガーっとやるより、ちくちく手縫いの方が好きだから、嬉しいけど。

手縫いだと縫い目をほどくのが簡単なので、裾がほつれたときなんかに仕立て直すことが出来るそうです。
「良い生地だから、3代で着られるよ」って。
実際に私もおばあちゃんの浴衣を着ているわけだし・・・。
3代保つような、しっかりした浴衣を作らなきゃ。

***

今日はまず身頃の背中を縫い合わせて、それから衽や襟の柄合わせをしました。

流水の模様はスッと背が高く見えて綺麗なんだけど、柄合わせが難しいです(^^;
身頃と衽で流水が反発し合っちゃったり、欲しいところに柄がなかったり・・・。
散々迷いましたが、最終的には綺麗な配置になったと思います。
柄合わせが成功したかどうかは、仕立て上がって、着てみてからのお楽しみですけどね(^^

柄合わせをしながら縫うラインに印を付けていったら、それだけで3時間も掛かっちゃって、今日はそこまででおしまい。
袖の柄合わせが出来なかったので、次回はそこから再開です。

文章で書くとこれだけのことだけど、とっても大変でした。

今まで裁縫をしたことがなかったから、何をどうしたらいいのか分からなくて、始終ドキドキしっぱなし(^^;
ただの並縫いでも、「針の持ち方と布の動かし方、どうだっけ?」とか、「これ、曲がってるような・・・」とかいうことが良くあって・・・。
それでも上手だと褒めてもらえたし、母が我流で裁縫をやるのも見ていたので、縫うのは頑張れそうです。

柄合わせや型どりも、最初にきちんとやっておけば、後で楽になるハズ。
後は袖だけだから、次回で終わるかな?
急いでもしょうがないことだから、気に入るまでとことんやろうと思います。

とりあえず、背中がそれなりに綺麗に縫えたから、満足です。
早ければ次回から縫えると思うから・・・。
楽しみー♪
スポンサーサイト
[2007/08/02 21:32] | 浴衣作り | 和風、和物、日本の伝統 | コメント(2)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。