スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
腹いせに
今日はCBRのウインカーインジゲーターにリレーを噛ませようと思ったのですが、メスのギボシが足りませんでしたw
仕方が無いので、リレーはまた明日。

腹いせに、セローのリアブレーキパットを交換しました。
やすりがないから、面取り無しw

くたびれた車体に、新品の赤パット…。
中々笑えます(笑)
スポンサーサイト
[2009/09/02 21:44] | SEROW225W | コメント(0)
高速の洗礼
相変わらず忙しいです
時系列めちゃくちゃだけど、書ける時に書く!

昨日はセローを静岡へ持って行きました。
高速道路使って。

実はワタクシ、高速道路は初めてで。
しかも高速走行には向かないセロー君。
久々に特攻隊の気分でしたw

いつものリュックに、ハンドルバッグに、高速のチケット&お金用のタンクバッグ。

久しぶりの始動でゴネまくるセロー君を、文字通り蹴り起こして出発。
高速乗る前にガソリン入れて、いざインターへ。


えー。
ここまで読んで、想像出来た方もいらっしゃると思いますが。

高速乗って3分で、タンクバッグが吹っ飛びましたwww

あっという間に、ポロッと!

「やっぱ、やった!!」みたいなw

一瞬、どうしようかと思ったけど。
すぐにPAがあったので、そこに駐車。
非常電話で電話して、お巡りさんに拾ってもらったのでした。


タンクバッグは踏まれたらしく、中々エライことに

元々大した物は入れていなかったのですが、運悪く、たまたま入れていた携帯がアボンにw
更に、飲みはじめたばかりのピルとか、買ったばかりの化粧品とかが行方不明。

大事じゃ無いけど、でも痛いっす(T_T)


バッグはもうバイクでは運べない状態だったので、後から追いかけて来る予定だった親の車に渡し、私は再びセローで静岡へ。

とりあえず無事には辿り着きましたが、もうヘロヘロ。

股関節は筋肉痛だし、肩はガチガチだし…。
やっぱり、ハンドルの角度、イマイチかな。

結論として、やっぱりオフ車は下道で、と。

ネタにはなったけど(ぇ)大変でした。
[2009/03/22 11:43] | SEROW225W | コメント(0)
河川敷コース
今日はバイク屋さんの常連さんに、河川敷のコースへ連れて行って貰いました。
よく考えれば、セローで初めてのツーリングだったかも(笑)

楽しかったですよ?(^-^)

河川敷にはいくつかのコースがありました。
まずは一番小さいところで、クルクル腕試し。

泥んこが少なくて「意外と行けるじゃん」と思ったら、
ちょっと広めのコース。

広めのコースはドロドロのツルツルで、一杯滑りました。
何でまっすぐ向いてたバイクが真横向くねん!!

しかも足下もツルツルだから、一旦転けると起こすのが大変で。
起こそうと踏ん張る足が滑るんですよww

あまりに滑りすぎるもんだから、戦意喪失。
休憩しながらタラタラ走る。

・・・と、連れて行ってくれた常連さんが、上手な方を紹介してくださいました!

その常連さんが出たレースで、ダブルエントリーしてタイトルを取った方だそうで。

私の走り方を見て、
どこが悪いのか、どうすればいいのかを、
的確に、分かりやすく教えてくださいました。

セローを使ってデモを見せてくださったり。
「セローってそんな風に走れるんですか!」でしたよ(笑)

教えて貰うまでは、もう嫌になっていたんですけれど、
色々教えて貰ってからは、もうスイスイ(当社比30%アップ!)

全然・・・と言ったら嘘だけど、
怖くなくて、楽ちんで、楽しく走れるようになりました(^-^)v

ホンットーに、ありがとうございます!!

時々思うけど、人にアドバイスを上げられる人って、凄いですよね。
その人の何が悪いのかを見抜いて、対処法を伝えられるんだから。

バイク(特にオフロード)では、そういう人に恵まれているな、と思います。
嬉しい事です。感謝。


今日のライテクメモとしては、以下の通り。

■3次元の動き
・地面のデコボコ、山に合わせてのスロットルワーク
    →山を登りきる前に戻すと、飛び出さない

■コーナー
・カーブは曲がることだけに集中する
・直線になってから開ける
    ※タイヤに掛ける「曲がる力」と「進む力」の比率を考える
・行きたいところを見る
    ※コーナー進入時ならコーナー出口、コーナー出口なら次のコーナー入り口

■泥んこ
・敢えてお尻をずらすと、直進性が高くなる
    ※バイクがバランスを取ろうとして、自然とハンドルが切れる or 車体が傾く
    ※今はまだやらないほうがいい
    ※とりあえずはトッキンタイヤで対処

■サンド
・曲がる手前で十分スピードを落とす
・開けながら曲がる
    →フロントが若干浮き気味になるから、砂に沈まない

こうやって見てみると、オンロードとなんら変わりないです。

コーナーのタイヤに掛ける力の比率の話、
ついこの前、HMSで聞いたのと全く同じお話でした。

基本は一緒なんだなぁ。
3次元の動きと、路面状態の多様さが違う?

とりあえず気をつけるのは、コーナーの三つのポイントと、3次元のスロットルワーク。
静岡行ったら、早いトコ練習場所探さなきゃ。

教えてくれた常連さんと、チャンピオン(?)、ありがとうございました!
[2009/03/08 23:47] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(0)
明日はコース
この二日間、セローで通勤しています。
10日間ほど乗らなかったからなのか、
始動直後は元気がないような、掛かりが悪いような・・・。

久しぶりに乗っているけど、感覚はまずまず。
シートへの座り方はオン・オフ共通だから、問題なし。

やっぱりハンドルの位置でオン・オフの切り替えがされていますね。
ハンドル位置が高くなると、自然と肘を張ってリーンアウト。

だいぶ腰回りに筋肉が付いてきて、安定してきています。

明日(日付的には今日?)は河川敷のコースへ連れて行って貰います。
ダートは久しぶりだから怖いなー(^^;

ついでに、昨日までの雨でドロドロっぽい。
私、マディは苦手なんですけど?w
(砂利の方が好き)

折角ハンドル換えたり、ハンドルガード付けたりしたので・・・
壊さない程度に頑張ります。
[2009/03/08 00:25] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(0)
セロー ハンドルetc.交換
今日からは、もう日常。

久しぶりに(って言っても一週間ぶりくらい)セローで通勤しようと思ったら、またエンジン掛かりませんでしたw

ガソリンが悪くなっていたらしく、フロートのガソリンを入れ替えたら掛かりましたが。
またバッテリーが上がっちゃったから、キック連発。
でもふと気付いたら、フューエルコックをオフにしたままだったというww
オンにしたら、あっさり掛かりましたがな。
朝っぱらから、いい汗かいちゃった(笑)

今日はバイトをそこそこにして、セローのハンドル周りをいじりました。

ハンドルバーとレバー、グリップを交換。
ハンドガードを装着。

ハンドルはHARDYのMXハンドルバー タイプ2のLOWサイズ、チタニウムカラー
レバーはRALLY490(ショートレバー)
グリップはプログリップ 798 オープンエンド
ハンドガードはZETAのアーマーハンドガード ベンドのチタンカラーとZETA XCプロテクター

ハンドガード付けるために、スロットルボディのエンドに穴をあけるのに、苦労しました?。
頑張った甲斐があって、かなり綺麗にできたけど。

一気に実用的になった感じ。
ハンドガードが、まるでトナカイの角みたいです(笑)

「とりあえず?」のあり合わせで選んだようなパーツだけど、換えるとやっぱり嬉しいです♪
ショートレバーは操作しやすいしv
これでまたしばらく遊べるな。

今週末にはHMSのオフロードクラスにも参戦します。
この前はGakuさんに追い回されたから、今度は私が追い回してやるつもり。

ツーリングが終わっても、やることはまだまだ沢山ですわー(^-^)
[2009/02/20 23:04] | SEROW225W | コメント(0)
セロー損傷状況
昨日の練習は、随分沢山転んだので、セロー君もだいぶボロになりました。
なので損傷状況の確認です。

・プラグキャップ破損

ある時、転けた後にエンジンが掛からなくなりました。
転びまくっていたので、「ガソリンが漏れたかな?」と思ったのですが。

所がどっこい、プラグキャップが破損して、プラグの端子部分が折れてました(^^;

プラグキャップ破損
こんなん、なるんだぁ?(笑)


プラグキャップの破損はプラスチックのカバー部分だけだったので、
折れた端子にキャップ側の端子をくっつけて、とりあえず練習再開。

家に帰ってから、予備のプラグに交換して、キャップごとビニールテープでグルグル。

修正後
ビニールテープ、白しかなかったw


丁度ノロジーのホットワイヤーを買ってあったので[1]
今日、お店で交換してきました。


・左リアウインカー破損
ま、転倒時のお約束と言えばお約束。
ウインカーのカバーが外れました。

ウインカー破損
パッカリ、裸電球

カパッとはめて、ビニールテープでグルグル巻きにして終了。

ウインカー修正後
やっぱり白ビニールテープ



・ハンドル曲がり
とうとうハンドルが曲がりました!

ハンドルが曲がったら良いヤツに交換して、
ついでにハンドガードも・・・!と、結構楽しみにしていたのですが(笑)

とうとう、と言うか、ようやく、と言うか、曲がりました。

・・・ぶっちゃけ、曲がってても、走る分には問題ないのですが。
(手の位置が変だなぁ、くらい)
とりあえずはハンマーで叩いて応急処置。


・グリップ裂断

この日は左側にばっかり転けていたので、
左のグリップがパックリお口を開けましたw
ハンドルと一緒に、その内交換します。

グリップ
パックリ


・シート穴あき
プラグを交換し終わって、ふと目を上げたら、見つけてしまいました。
シートの穴あき。
手っ取り早く、ビニールテープで塞いで終了。
黒いテープだから目立つけど、まぁいずれ直しましょう。

シート
ちっちゃいけど穴


全体的に随分キズキズになって、さらにオフ車っぽくなりました。

ボディーはリアキャリアのお陰でまだ綺麗なんだけど、
フロントフェンダーに派手な傷が・・・(>_<)


納車の時は、あんなに綺麗だったのに(笑)
まだまだボコボコにしますよーv

[1]
お正月セールの時に買ったんだけど、
今の私じゃパワーを使い切れないので、交換していませんでした。
まさか、こんな事で交換するとは・・・(^^;
[2009/02/11 01:19] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(2)
オフロード基礎練習 その二
昨日は店長さんと、オフロード基礎練習の2回目に行ってきました。
昨日のことなのに、既に遠い昔のような・・・。
でも体はあちこち痛いですー(T_T)

忘れないうちに、しっかり書いておかなくちゃ。

昨日のメインはアクセルターンの練習と、フロントアップの練習。
・・・のハズが。
ウォーミングアップのブレーキターンでハイサイドしまくる・・・w

1週間練習しなかった間に気が抜けたらしく、
バイクが止まる前にリアブレーキ離しちゃって、ハイサイド。
何故だかリアブレーキ弛めちゃうんですよね・・・。

ウォーミングアップのハズのブレーキターンで散々転けて、体をほぐしてからw
いざアクセルターン。

・・・が、アクセルターンもできないw

結局、ブレーキターンからの応用で練習することになったのですが・・・。
車体の向きが変わりきっていないのに、アクセルを開けてしまいます。
で、全然思ったように出来ない。

練習になってないのを見た店長さんが、
石でコースを造って、「ここ、崖ね」と。

でも出来ない・・・。
スリップダウンで転けまくる。

コースを設定されて、好き勝手走れない分、
余計に色々考えてしまって、体が硬くなる。

最終的には、アクセルターンじゃなくて「小回りの練習」になってしまいました。
それでも、崖に落ちずに曲がれるor止まれるorコケれるようになりました(ぇ

でも、小回りを突き詰めて、進入速度を上げていけば、
いつかはアクセルターンも出来るはず・・・!


続いてフロントアップ。

とりあえずの目標は、フロントタイヤから荷重を抜くこと。

まずはフロントに荷重を掛けて、フロントフォークを縮ませておいてから、
一気に荷重を後ろへ移動&アクセルオン。

タイミングが結構難しい(^^;
アクセルオンのタイムラグがね・・・。
けど、はまるとブワッと上がって、楽しい♪


昨日のポイントは以下の通り
■アクセルターン
・コーナー侵入時、減速によってバンクさせる(逆ハンを切らずに、ブレーキングでバンクさせる)
・コーナー侵入時、ブレーキのタイミングでブレーキターンになるかどうかが変わる
・コーナー中、曲がりきれないときはリアブレーキで減速&リアスライド
・コーナーからの立ち上がりは、アクセルをじんわりと開けてトルクを掛ける
・視線は行きたい方向へ
・バンク中はしっかりニーグリップ

■フロントアップ
・フロントサスを縮めるときは、腰ごと前へ移動するイメージ
・アクセルオンとエンジンのタイムラグを考える


一通り練習が終わった後、
その辺りに適当なコースをイメージしてグネグネ・グルグル回りました。

一応、そこそこの速度で走っているし、
オンロードのワインディング経験から、コーナーの繋ぎ方も良いし、
後は実践を積めば、GWのツーリングに連れて行ってあげるよ、との事でした。

うわー、頑張らなきゃ!

常連さんに「セロー買っちゃいました!」って言いふらしてるから、
「当然GWはオフロード組でしょ?」な流れが出来ちゃってて(^^;

オフロード、行く気は満々だけど、迷惑は掛けたくないしなぁ。

とりあえず、オフロード参戦予定な常連さんを捕まえて、
河原のコースへ連れて行ってもらえることになりました。

ゆっくりでも良ければ、多分コースも走れると思う。
後はダートを一杯走って、慣れていくしか無いと思う。

コース走行の前にはHMSのオフロードコースも受験するし、
何とかなるんじゃないかな。
何とかなること希望。

一人でも、機会があったらどんどん練習しに行こうっと。
[2009/02/10 22:17] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(0)
セローの初ゴケはハイサイドでした(笑)
忘れないうちに、月曜日の特訓の話を。

月曜日、店長さんと一緒に、某川の中州でダート走行の練習をしました。

・・・と言っても、基本練習。
左回り、右回り、8の字。
意外と上達が早かったから、ブレーキターンの練習と、アクセルターンの触りも。


まずは片手で左回りぐるぐるから。

最初のうちは、コケはしないものの、半径超広っ!
自分が曲がりたいところで曲がれない?!

片手ハンドルどころか、両手でも思ったように走れない。

見かねた店長さんが「後ろ乗って」とタンデムしてくれました。

タンデムでのバンク角を思い出したり、
どうしたら上半身から力を抜けるかよく考えながら、まずは両手で再チャレンジ。

すると、徐々に出来てくる(^-^)

で、次のステップって事で、左手を離すと・・・何処かへ行くワタシ(笑)
片手を離した瞬間に、下半身ホールドが溶けていました(^^;
なので意識して下半身を締めて、何とか。


次は右回り・・・。
左回りと同じ要領で、だんだん上手くなる。


どっちもだいぶできるようになったから、8の字へ。

8の字は「アクセルを開けて車体を立てる」ことと、
「速度を落とすことで車体をバンクさせる」ことを意識して練習。

事前の左回り、右回りが効いて、割と楽に出来ました。
立ち上がりの加速が楽しかったり(笑)

楽しくて、一人でぐるぐる回りまくってました。
最終的には、水たまりだろうと、段差だろうと、草が生えてようと、構わず8の字・・・w


ここまでの上達が意外と早かったので、ブレーキターンの練習もすることになりました。
店長さんに、何がどうしてどうなるかの説明を受けて、チャレンジ・・・[1]
最初は左ターン。

はい、最初の3回は滑りませんでしたw
それでも3度目はズルッとした感触が来て・・・。

4度目。
ずずずずっと。
来たぁ?!と思った瞬間、バイクがぶれて、体が左から右へ。
「私、バイクの上、飛んでるぅ?!!」

・・・というわけで、ハイサイド、やらかしましたw
結構飛んだらしく、店長さんが大笑いしてました(笑)

セローの初ゴケ、ハイサイドです。
ふつーに立ちゴケするより良いや(笑)

ちょっと休憩して、練習再開。
さすがに再開直後は滑らせることが出来ず・・・。

「やっと滑った!」と思ったら、今度はスリップダウン(笑)
右にも左にも、一回ずつ転けたことになりました。

まぁ、でも何とか及第点に。
右のブレーキターンもちゃんとできて、練習はとりあえずここまで。


そしてアクセルターンの触りだけちょっとやりました。

止まってバイクを斜めにした状態で、店長さんに後ろを支えて貰って、
一気にパワーを掛ける!

ハンドルの押さえ込みが足りなくて、バイクがあらぬ方向へ飛んでいきました・・・。

アクセルターンは次に練習するんだけど・・・。
止まった状態から出来ないと、ちょっと大変、らしい[2]
それはまた次の時に考えるんだけどさ。


・・・というわけで、今回感じたことメモ

・お尻をキュッと締める→内股や腹筋に力が入って、ホールドできる
・片手を離しても、お尻を締めるのを忘れない
・お尻をしめれば、バンクさせても平気
・アクセルを開ければ直立する
・ブレーキターンは一気にリアブレーキを掛ける
・ブレーキターンはリアブレーキで調整 → 弱めすぎるとハイサイド
・ブレーキターンでも曲がりたい方向を向いおてく

次の練習は、来週の月曜日。
コケルのは別に良いけど、怪我をすると痛いから、気をつけよう(笑)

[1]
ブレーキターンとは・・・
バンクさせた状態で後輪を滑らすことで、グリップ走行以上の角度で曲がる。
リアタイヤを滑らせるためには、リアブレーキでロックさせる、と。

[2]
止まった状態以外で練習しようと思ったら、ブレーキターンからの連続技になる。
林道走行中の緊急避難用テクニックらしい(笑)
[2009/02/05 01:17] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(3)
特訓
今日は店長さんと、オフロードの特訓をしました!
楽しかったですv

一回、ハイサイドで吹っ飛んで、
首筋が痛いけど(笑)

でも楽しいw

だいぶ上達出来たと感じています。
やっぱり、一人で練習しててもダメですね?。

今日は疲れたので、詳細はまた後日!

[2009/02/02 23:23] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(0)
足出す?出さない?
いつだったか・・・。
セローの乗り方で、ちょこっとだけ店長さんにアドバイスを頂きました。

「リーンアウトはだいぶ様になってきたけど、足を出すのは止めたほうが良いよ」

ダース○とか読んで、リーンアウトの時はイン側の足を上げて曲がっていたんです。
でもイン側の足が付くほど倒れてるときは、もう転んでるから、
転ぶ前に両足で踏ん張ってリカバリーした方がいいって。

イン側の足を上げると反動で重心がアウト側へ行くから、
「やりやすいな?」と思ってたんですけどね(^^;

でも、それからは両足ステップに乗せて曲がっています。
一旦リーンアウトの感覚を掴んだから、ステップ踏んでても大丈夫みたい。
8の字練習のおかげもあって、
今はスタンディングでもリーンアウト風で曲がっていきますよー。


どうやら足上げはモトクロス用のテクニックのようです。

先が見えているモトクロスコースなら、バンク角を稼ぐために足を上げたほうが良い。
先が見えない林道は、両足乗せて、いつでも何があっても対応できるようにする。

ということらしい。
なるほどねー。

私がやりたいのは林道ツーリング。
速さよりテクニック重視だから、両足乗せて?の方。


ああ、ついでに、
最近スタンディングで肩が前のめりになってきてるから、気をつけること。
肘を張って、腕の中にバランスボールを抱えている感じにすると、
肩も前のめりにならないし、腕に力も入らない・・・ような気がする。


本でテクニックは読むけれど、練習量が全然足りません。
お店がお休みの日に、店長さんに個人レッスンしてもらおうとは思ってますけど。
もっともっと乗って、うまくなりたいなぁ。
[2009/01/26 15:55] | SEROW225W | オフロードバイク関連 | コメント(3)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。